お風呂の入り方を見直してガス料金を節約する方法

私たちが日々の生活で使うガスは、ほとんどの場合給湯器で使われています。

効率がいいガス料金の特徴を紹介するサイトです。

給湯器を沸かすために使うこととなるので、お湯を沸かす量が多いお風呂での節約がガス料金の節約につながることでしょう。お風呂のお湯の量を見直したり、基本的なことではありますがお湯の出しっぱなし、追いだき機能などによって多くのガスを消費して、日々のガス料金は膨れ上がることとなります。
お風呂でできる節約として、お風呂の湯船に入ることなくシャワーだけで済ませるという方法が考えられますが、シャワーを15分から20分以上使った場合と、湯船にお湯を張る時のガスの使用量はそれほど変わりません。

そのため節約目的で毎日シャワーを15分以上使っている人は要注意と言えます。シャワー代だけでもかなりのガス料金となるでしょう。

しかし湯船にお湯を張ったとしてもシャワーを使う人が多いので、その点を考えるとやはりシャワーだけの方が安くなる可能性もあります。



反対にお風呂を沸かしてシャワーを使わなければ、15分から20分ほどシャワーを使った場合とガス料金は変わらないことになります。
シャワーは意外とガスを使うということがわかりましたが、使うとき以外は頻繁に止めた方が節約につながるでしょう。このようなときに役立つのが節水タイプのヘッドに交換するということです。
手元にスイッチがあり、これでシャワーのオンとオフを切り替えすることができるので非常に便利です。


節水タイプのヘッドを装着することによって、水の排出量を30パーセントほどカットすることができ、それに伴いガス料金も節約することができるでしょう。