マーケティングオートメーションの力

マーケティングはセールスの元となる顧客を創造することです。製品の魅力を伝え、影響の高い層を分析し、購入意欲のある顧客を選別し、積極的な情報提供を行う一連の流れになります。極端に言えばしっかりとしたマーケティングがあればセールスの仕事はほとんど必要なくなります。ただし、そこに必要なリソースは限られたものです。

効率のよい運用をするためにはマーケティングオートメーションの活用が必須です。マーケティングオートメーションは、自動化できる部分をツールによって行うことです。ターゲットとなる顧客リストの作成、メールの送信、サイトの閲覧履歴の集計、注目の高い製品のページ抽出、期待値の高い顧客の選別、パフォーマンスの分析など間接的な業務を自動化することで人への負担を軽減することができます。その分品質の高い戦略の構築に集中できるようにします。

マーケティングオートメーションが必要な背景として、感覚的なセールスの限界と精度の高いマーケティングの必要性があります。セールスの活動にはデータとしての理由が必要となり、その情報はマーケティングの力量によって左右されます。精度の高い情報を構築するのは時間が必要となりますが、リソースを増やす余裕はありません。担当者に必要な知識が習熟するまでに時間を要することも問題の一つです。

それらを解決するためにはマーケティングオートメーションの力を活用することが最も効率的と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする