マーケティングオートメーションの活用

マーケティングオートメーションとは企業が行うマーケティング活動の中で繰り返し人の手によって行われてきた業務や人が行うと大きなコストと膨大な時間がかかってしまう業務を自動化してコスト面でも作業に要する時間の面でも効率化するシステムの事です。これらの業務を効率化する為に使うソフトウェアやツールの事を指す事もあります。法人が行うビジネスでは新規開拓も既存の顧客への販売でも人によって営業が行われてきましたが、デジタルマーケティングを取り入れて営業をするプロセスをシステム化して売上のアップとコストダウンの両方を実現させる取り組みが増えています。マーケティングオートメーションの活用としてまず最初に見込み客を獲得する業務を自動化する事があります。

営業担当者との名刺交換や問い合わせに対する対応がこれに当てはまります。ここで獲得した見込み客に対してコンテンツを配信していって見込み度合いを上げていく業務も自動化できます。具体的な例だとメールマガジンの送信やアプリケーションを使ったプッシュ通知の送信があります。獲得した顧客は全て同じニーズを持った顧客ではないので、顧客の分類をする事で営業活動がより上手くいきます。

顧客の属性を判別する作業も自動化して効率良く行う事ができます。獲得した顧客に関する情報は責任を持って管理する必要があってこれも自動化する事が可能です。マーケティングオートメーションを活用していく中で使用するソフトウェアやツール選びは重要なので、行う業務にあった物を正確に選ぶべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする