チャットボットで接客をする

チャットボットはインターネット上で相手が打ち込んだテキストから内容を理解して、返答するツールで顧客の対応をする事も可能です。顧客対応の窓口は従来のものだと電話やメールがありますが、電話にしてもメールにしても人員が必要になるので、窓口を設置するだけでもコストがかかります。コストがかかる分だけ時間も限定しないといけませんし、キャパシティも有限です。そうなると高いコストを捻出している割に顧客を待たせたり、時間が限られている為に不便をさせる事になります。

チャットボットで接客をする場合は電話やメールと違って、リアルタイムで同時に対応できるので顧客を待たせる事がありません。人を配置するのと違って24時間365日で顧客からの問い合わせを処理する事ができます。電話やメールで顧客の対応する時は窓口の従業員もサービスや製品の知識を持っていないと、問い合わせに応対できません。そのため事業者からすると人材の教育も大変です。

チャットボットの場合はそれらの教育に必要な時間やコストがかからないので、事業者側の負担も少ないです。チャットボットにはテキストに反応してプログラムされている返答を表示させる非AI搭載のものと、AIを搭載しているタイプがあります。非搭載型だとあらかじめプログラムされている対応しかできませんが、AI搭載型だと運用して接客している間に自己学習していきます。その結果として人が接客するのと同じレベルに到達します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする