チャットボット接客はこれからのスタンダード

チャットボットを導入すれば、WEBサイトで能動的な接客をすることが可能となります。従来のWEBサイトは、サイト訪問者が自分で自分の望む情報を探してサイト内を見てまわるのが普通でした。そうやって探して目的の情報に辿り着ければいいですが、上手く情報を探せずにサイトから離れてしまうケースというのも少なくありませんでした。チャットボットを導入すれば、サイト側の方から訪問者に働きかけて望んでいる情報の方へ導いていくことができるようになりますから、成約率・売上アップなどを期待できます。

接客では問い合わせやクレーム対応も大事ですが、人力のみでこの業務を行っていると大変です。問い合わせやクレームの大半は、顧客の勘違いや理解不足による場合が少なくありません。自分でちょっと調べれば分かるようなことでいちいち問い合わせをしてくる人も多いものです。このような問い合わせ・クレームに対しては、チャットボットで対応するのが効率がいいです。

もちろんチャットボットでは対応できないような難しい案件が持ち込まれることもありますが、そういう場合は人間のスタッフが対応すればいいだけです。チャットボットによる接客では、記録を残せるというメリットもあります。顧客とのやり取りなどをログとして蓄積できる場合が多く、そこから顧客の新たなニーズを読み取って商品・サービス開発などに活用していくこともできるでしょう。ログをフィードバックして、ボット自体の接客力をアップすることも可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする