チャットボットツールを導入するメリット

日本中、世界中に顧客を抱えるような大きな会社では、毎日のように大量のご意見や相談の連絡が入ってきます。こうしたサポートを電話対応で行っていると、設備や人員、回線の確保にかなりの予算がかかることになるでしょう。そこで導入したいのがチャットボットなどのツールです。チャットボットはよくある質問を予めプログラムに入れておき、自動で回答するように作られたツールです。

たくさんある質問の中には、わざわざ電話で対応しなくても済むような事案も多く含まれており、これらの対応が業務を圧迫し、本当にサポートを必要としている人に割ける時間を減らしてしまっています。ツールを使うことで自動で回答できるようになっていれば、連絡をしてきた人に速やかにサポートを提供することもできますし、コスト削減にもつながります。チャットボットを使って簡単な質問をすることで、本来連絡を入れなくてはならない部署の切り分けもできるため、回答がたらいまわしになる可能性も低くなります。チャットボットの導入は会社にとってはサポート運用コスト削減になりますし、顧客にとっては聞きたい情報をすぐに聞くこともでき、システムが動いていれば24時間いつでもサポートを受けることができ、サービスが充実する仕組みです。

音声データと異なり文字で記録としてデータを保存することもできるので、集計してどのような問題が起きているのかも視覚的にわかりやすく資料展開できるのもメリットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする