チャットボットツールの説明と導入事例

チャットボットとは、チャットとロボットを組みあわせた言葉で、音声によってロボットが対話をするシステムのツールです。例えば、ある店舗がホームページを立ち上げているとします。その店舗の営業時間やどんな商品が売っているのかはサイトに掲載されていますが、サイトだけではわからないことや店舗に対して聞きたいことがあれば、従来なら直接店舗に電話をするか、サイトから問い合わせメールで尋ねるかのどちらかの方法を採っていました。しかしチャットボットを導入して、ホームページに搭載することにより、コールセンターなどに問い合わせたりメールで聞かなくても、口頭でチャットのロボットに聞くことができ、ロボットも質問に対して答えてくれるようになります。

だからチャットボットを導入すると、コールセンターや店舗で電話やメールの問い合わせにその都度対応する必要がなくなるため、本来の業務をスムーズに遂行できるようになり、人件費などの削減にもつながります。さらに消費者や利用者にとっても、チャットボットならホームページから24時間365日いつでも問い合わせることができるので、時間や場所を問わずいつでも利用することができ疑問もすぐに解決できるメリットもあります。このようにチャットボットツールを導入することは、商品やサービスを提供する側にとっても消費者にとっても便利なツールです。ラインにも導入できるので、企業や店舗だけでなく自治体や学校などでも導入するところが増えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする