ビジネスの現場でチャットを利用する事例とポイント

ビジネスの現場でチャットを導入する事例が増えています。今までのコミュニケーションのツールとしてメールは有用な手段でしたが、メールの数があまりにも多くなり、見落としの危険性があるため、グルーピングをしたうえで情報をリアルタイムで共有できるチャットを導入する事例が増えました。宛先を指定したり時候のあいさつなどが必要な電話やメールと違い、必要な情報だけを手短に記載すればよいので、利用するハードルが低いのも利点です。また、会議などを開く際には、関係する人々が一つの場所に集まる必要がありましたが、チャットを導入することで、別々の場所にいても会議への参加が可能になり、プロジェクトの進行スピードが増したという事例も報告されています。

さらに有用な点としては、働き方が変化する中で、コミュニケーションをとりやすいということです。出張やリモートワークなどが一般的になり、社員全員が顔を合わせることが難しい現代では、短い言葉で気楽にコミュニケーションできるツールが必要です。社内のコミュニケーションに利用する場合に必要となるのが、ルール設定です。ルールがないと、勝手なおしゃべりの場になってしまうため、ビジネスを意識しつつも気楽に話せるように管理や設定が必要となります。

さらに、導入する際に、チャットを使う目的や目指したいことを明確にすることで、数ある製品の中から、自社に合うものを的確に選ぶことができるに違いありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする