チャットワークをクレーム対応などに活用した事例

企業ではチャットワークを活用して業務効率を上げる試みがなされています。人出不足に悩む企業こそ導入にメリットがあるのです。チャットを具体的に活用している企業では、その特長を生かしてチャットワーク導入の事例があります。例えば、人出不足の農園が情報共有を効率化することで業務の効率化を図るためにITツールを積極的に取り入れてチャットワークを実現しているのです。

既存のグループウェアーでは、画像などの共有がうまくいっていなかったが導入によって画像や動画・音声などをチャットワークを通して行うようになりました。その結果、タスク管理機能を使うことでグループウェアーと連携させクレームの報告と対応を見える化し、すみやかなお客様に対する対応ができるようになっています。このように手間をかけずに情報を画像などで共有できる事例は多いです。アラート機能を使うことで、タスク漏れが発生することを防いだ事例もあります。

誰か気づいた人が対応にあたれば良いということで、人出が少ない企業ほど活用によるメリットは大きくなるのです。電話とメールがメインだった業務が、見える化を推進することでより業務を明確にさせることができます。グループで情報を共有しお互いの業務を助け合うことが可能になったのです。伝達がスムーズに運ぶことで、社内の情報の流れがスムーズに流れていくようになります。

業務を効率よくしたいからこそ、IT導入によるメリットが生まれるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする