チャットを接客で利用する

チャットはテキストでコミュニケーションが取れる連絡ツールで、業務用でも多く使われています。企業の活用方法として社内での連絡や取引先との連絡方法としてだけでなく、顧客対応に使うツールとしても活用できます。従来型のカスタマーサポートだと、メールや電話での対応は一般的です。しかし電話やメールだと人員を用意するのも大変で、コストもかかる事から一定の時間内に対応できる顧客の数に限りがあります。

そこでチャットを顧客の接客のツールで活用する事で、同時に多くの顧客の対ができるようになります。コスト的に考えても大きなメリットがありますし、コストの大幅な増加を伴わずに24時間対応ができるようになります。これによって利便性がかなり向上するので、企業側には顧客側にも大きなメリットがあります。オペレーターの場合は接客するのにある程度従業員に教育を施さないといけませんが、チャットを接客に活用すれば従業員への教育も省く事ができます。

チャットツールにはAI搭載型と非搭載型があって、非搭載型は質問の文章から単語を取り出すような形で関連の内容を相手に提示していきます。自動で回答を出してくれる質問集のような特徴があります。一方でAIが搭載されているものでは、過去の質問などから学習していくので運用するほど精度の高い回答ができます。AIが搭載されているものは、より最適で質問に対して人が対応するような回答ができるのが特徴です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする