ツールとしてのチャットの使われよう

IT関係の企業で今や必須のツールとなっているのがチャットです。クライアントの企業があり、開発を担当する企業があれば連絡は電話やメールで行うのが常で、それらも使われていますが、チャットの普及も広まっています。ひとえに様々な機能の付いたチャットが増えた事と、それらが多くの企業で使われる用になったのが原因でしょう。電話での連絡は即効性に優れていますが、内容が長くなると失念してしまう事があるというリスクがあります。

チャットならば文字なので後から読み直せばよく、情報としてまとめやすい形とも言えます。ツールは各社から登場していて、基本的に無料のものがデファクトスタンダードとなって使われています。しかし企業間の場合は力の強い依頼側が使っているチャットを、受ける側が合わせて使う事が多いでしょう。開発業務でこれらのツールを使い始めると、社内での情報共有でも使う様になります。

それは声の届く距離でも使うという意味で、「貼り付けたから確認してください」と口頭で言って内容は文字として伝えるのです。コピーで要件を満たせるものについては口で伝えるより情報伝達において優れている場合が多く、そういった意味で新世代のツールとして正しい使い方です。また、画像や動画を送れる機能も付いているためにあらゆる面で電話より便利です。企業によってはタイムカード替わりに使う事も出来る為、テレワークなど様々な業種でも使えるツールと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする