企業のチャットツール活用方法

チャットツールはテキストで連絡を取り合えるもので、メールと違って一つの画面上で会話のようにコミュニケーションが取れるので、複数人での会話もしやすいです。さらに過去の会話が同じ画面上で確認できるので、メールにはない利便性もあって、電話のようにリアルタイムで応対しないといけないわけではないので、他のタスクをしながらでも連絡を取れるのもメリットです。企業内でのチャットツールの活用方法は主に二つあって社内の連絡手段と顧客対応です。社内での連絡でも電話と違って、その時に進行しているタスクを止める必要がないのと、複数人で会話をしやすいので業務内で重宝されます。

また社内と併せて取引先や協力企業との連絡手段でも使われるケースは珍しくありません。電話で従業員同士が連絡を取り合うよりも費用が抑えられるので、コスト面でも大きなメリットがあります。顧客対応は従来の方法だと電話やメールが主流ですが、電話の場合もメールの場合も対応するのに人員を配置しないといけません。問い合わせの内容は多岐にわたるので、マニュアル化はするものの従業員への教育も必要で企業の負担は大きいです。

そこでチャットツールを活用する事で、人員を配置しなくても顧客対応ができます。電話やメール対応では24時間で対応するのは、コスト面で考えるとかなり厳しいです。しかしチャットツールを活用すればコストを抑えつつ、顧客にいつでも対応できるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする