重要性が増したWEBマーケティング

外出自粛などで店舗に行く人が少なくなりました。顧客の購買はECマーケットに移行して、WEBマーケティングの重要性がかなり高まりました。現物を見ることや触ることができないことによって、より多くの情報を電子的に得られることに必要性を感じられるので、今までよりも実態感のある広告を行わなければならなくなりました。これからのWEBマーケティングは一枚の写真ではなく、多角的に取られた複数の枚数の情報を発信しないと興味を得ることができません。

よりわかりやすい情報として静止画よりも動画の方が求められます。動きによって実際に触れた時の感覚に近いイメージを掴むことが可能です。できればペルソナとなるような人の存在も設定だけではなく、WEBマーケティングの一つとして表現していかなければいけません。これぐらいの人が持ってこれぐらいなら自分では大きすぎるとか、それぐらいの厚みならあのカバンに入るなど、買った後に困らないようにいろいろな情報を画面上で確認します。

これからは利点のアピールだけではなく、わかっていることであってもわかりやすく見せていかなければいけません。色合いについても画面上ではなかなか見せられないこともあり、標準的な色との比較で想像できるようにする必要があります。よく知っている赤色と比べて明るく見えるなら少し派手かもなどの判断ができること、これからはそのような情報で購買意欲の強弱がつくような時代になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする