WEBマーケティング事例

ネットで商品を販売する会社にとって、商品販売ページは売り場であり、実際の路面店舗と同じようにデザインやユーザーの導線、売りたい商品の押し方などを考える必要があります。WEBマーケティングを活用することで、このような店舗と同じような対応を考えていく事が出来るので、事例を紹介してみたいと思います。例えば、ユーザーがその商品のページにきてから購入を完了するまでの導線のどこで一番離脱をしてしまっているかを把握することで、ユーザーが不便と感じたこと、足りないと感じたことが何かを理解し改善することが出来ます。たとえばページの集客自体は問題がない、つまりその商品には魅力がありながらも、購入には至らないといった場合は、商品の価格が他社に比べて高いという可能性がありますし、もしくはその商品説明が実際の商品の魅力を伝えて切れていないといった場合もあります。

WEBマーケティングで大切なことは、ユーザーのニーズや動きを理解することです。ページのどの部分が一番見られているかなどを把握することもできるので、ページに蛇足が多く途中で離脱している人が多いのであればその部分を削るといった対応をする事例もあります。WEBマーケティングでできる事は、実際に店舗でできるマーケティングよりもかなり多岐にわたり、事例も様々にあるのでトライアンドエラーでどんどん施策を打ってユーザーの必要としているポイントを掴んでいく事をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする