WEBマーケティングの接客では相手の話をよく聞く

話し上手は聞き上手と言いますが、接客する時にどのように聞くかは大切です。相手が話しやすいようにあいづちを打ち、適切な質問をすることは大事なことと言えます。WEBマーケティングにおいて、相手のWEBに対する知識は大きく異なります。詳しい人と話すのはそれほど大変ではありませんが、そうでない人と話すのは結構大変です。

インターネット上の広告が増え、その市場規模はすでにテレビを抜いています。そして、今でも成長を遂げていますので、WEBマーケティングの仕事はこれからも続くと言えます。そのため、競争も激しくなっていますので、WEBの知識だけでなく、接客のスキルも上げる必要があるのです。両方のスキルを上げると言うのは簡単ではありません。

しかし、コロナによって営業のスタイルもだいぶ変わりました。面と向かってアピールすることが出来なくなり、画面越しに説明する必要があります。よりいっそう相手に寄り添った接客が求められるようになっています。WEBマーケティングというと理系ばかりの印象ですが、数字ばかり考えていても相手の心を動かすことは出来ません。

今後、どの仕事をするにしても大事になってくるのは、高いコミュニケーション能力と文章力です。文章力つまりライティングのことですが、AIが発達しても出来ないような仕事をする必要があるのです。数字においてはコンピューターにかないません。ですから、これからも働き続けるためには努力が求められるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする