WEBマーケティングに接客を導入

WEBマーケティングを実践する際には、成約率の向上や離脱率の低下を意識することが大切です。デザイン性に優れたサイトであっても、配置するコンテンツや紹介する商材に魅力がなくては、来訪した顧客も離脱してしまいます。自社のサイトに接客ツールを導入することにより、訪ねてきたユーザーの滞在時間を向上できるのです。多くの広告費用をかけて集客を実践していっても、サイトに流入したユーザーの成約率が悪くては売上に結びついてはいきません。

WEBマーケティングを考案する際には、接客ツールの導入を検討することも必要なのです。サイト上で接客するためのツールには、ポップアップ表示を行い、商材の詳細説明を行うものがあります。ユーザーがサイト上で動くたびに、細かな説明を伝えていくのが目的です。社員が少ない会社の場合には、ユーザー単位に接客を行うことが難しいため、自動的に動作するポップアップツールでも、一定の成果は見込めることでしょう。

WEBマーケティングに掛ける予算が多く、カスタマーサポートに専念できる社内体制が構築されている場合には、チャットを使った接客を検討するのも良いでしょう。商材に興味を持って来訪したユーザーに対し、リアルタイムに説明を行えるからです。電話でクルージングトークを行うのと同様な感じで、相手の気持ちを汲み取りながら、成約へと導いていけるのが魅力です。市販のツールのなかには、WEBマーケティングを施策した際の効果測定を行う機能が内包されているツールもあります。

ユーザーの離脱率低下と成約率向上のためには、ツールの導入は有効な手段になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする