WEBマーケティングの事例について

インターネット上でお店を持った時やwebでの集客を試みたいときにとても役立つ事が、WEBマーケティング手法の活用です。マーケティングには非常にコストがかかるイメージがありますが、インターネット上のWEBマーケティングでの集客はコストを抑えた形で実現することも可能です。事例としては年齢や性別、趣向といった属性情報は実際の店舗で集める事はとても難しい場合がありますが、インターネット上の店舗であれば購入情報等から簡単に入手することができます。顧客の属性が入手できれば、その属性をターゲットとして合わせた形のWEBマーケティングを行うことが可能になります。

そのページを閲覧しているユーザが30代女性が多いとわかれば、ページの閲覧から購入への導線の間に40代の女性に興味喚起するような仕掛けを作ってあげる事例が挙げられます。子育て世代限定のプレゼント企画やお得な情報などの事例もそうですし、メールマガジン等の内容をその属性に合わせたものにすることも1つの手法です。ウェブマーケティングの醍醐味としては、データをうまく活用すること、そして購入だけではなく閲覧やページからの離脱時間などのユーザの動きに注目する事で顧客の動きを把握することです。離脱時間がとても早いページは情報量が足りない可能性がありますし、かなり長い時間をかけて読んでも購入に至らないようなページは情報が多い蛇足なページと言える可能性があり、改善の余地があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする