接客をするときに重要なWEBマーケティングの基本

WEBマーケティングは、WEBのさまざまなツールを利用して顧客を集める手法です。目的は、顧客を集めることによって自社の製品やサービスを販売しやすくすることです。文字通り、現実世界のマーケティング手法をWEBの中に活かすことを目的として行います。ただ、現実世界と大きく異なるのが顧客へのアクションの違いです。

例えば、現実世界では接客を行うときにも直接的に相手と顔を合わせて行うことが基本です。反対に、宣伝などを行う場合にはCMや広告などを利用して大規模に展開していき、自社の商品やサービスを紹介していく手段が取られています。一方で、WEBマーケティングはいつでも門戸が開放されている状態から始めることになるのが特徴です。自社のホームページやWEBサイトが存在する場合には、そこにユーザーを誘致することによって商品やサービスをアピールできます。

つまり、コンテンツを作ってアピールすることがそのまま接客に繋がるという特徴があります。宣伝と接客を分けて考える必要がない現状です。例えば、WEBマーケティングではどういったキーワードや媒体から自社のサイトにやってくるのかを分析するためのツールも数多く用意されています。顧客が求めているものを分析しやすい状態にあり、そういった特定層の顧客に対して独自のサービスを展開しやすい利点が存在します。

ツールを利用すれば接客に必要な要素と分析を一括して機能させることができますので、対策を講じやすいというメリットがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする